0726-Title-web

三ケ峯里山計画 Sagamine Satoyama Plan

石井研究室では愛知県立芸術大学の敷地を里山として、様々な活動をおこなってきました。

三ケ峯里山計画 -地域の生態系と暮らし-
創立50周年記念展示「芸術は森からはじまる」
2016年9月3日(土)~ 24日(土)
愛知県立芸術大学 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114

http://sagamine-satoyama.com

落ち葉を集める

落葉広葉樹の落ち葉を集めて、堆肥をつくる。冬の落ち葉集めは、澄んだ空気と枯れ葉の匂いが心地よい。

雨といをつける

エコハウスに雨といをつけた。雨水タンクも持ってきて、あとは雨が降るのを楽しみ待つだけ。

DSC07891

エコハウス

周囲の環境との関係
このプロジェクトでは愛知芸大の野外の敷地の中で、建物と食物を生産する畑とワークショップをする営みのスペース、そして林などの自然環境が一体となって機能する場所をつくり、その場所で様々な活動をおこないながら実際的な様々なフィードバックを得ることを目的としている。このエコハウスは周囲を林に囲まれ、畑とワークショップができるスペースに隣接している。畑で採れた野菜はワークショップスペースで加工、調理したり、また林で採取した枝などもワークショップスペースで薪として利用したり、林で集めた落ち葉や腐葉土は畑に持っていって肥料にするなど、林と畑とワークショップスペースがそれぞれ隣接しながら有機的に連動しており、エコハウスはそのほぼ中心に位置し、林と畑とワークショップに必要な道具の収納などの機能を果たしている。

続きを読む

トマトは今が最盛期

自然農の畑のトマトは今が最盛期です。春先にはこんな土地で育つのかなと思っていた苗ですが、今、地面を這いながらそれでもじっくりゆっくり色づいて来ています。

夏野菜の収穫

農園ではまだ夏野菜が採れる。それから秋冬の葉もの野菜の草取り。日差しがやわらかくなってきた。

DSC03993

こども塾アートまつり 〜かまどDEランチーノ & 竹クマと音楽会〜

2014年10月13日(月・祝)10:00−14:00
平成こども塾(愛知県長久手市)

子供たちと竹でクマや楽器を作って、長久手産の野菜でご飯をつくって食べて、演奏して楽しみました。当日は「かまどでランチをつくる班」と「竹クマ・楽器をつくる班」に分かれて作業しました。

続きを読む

野菜の収穫

今日は野菜の収穫。トマト、白ナス、オクラ、ピーマン、トウガラシなど、夏野菜がまだ収穫できる。自然農の畑の野菜はゆっくりそだっています。

Ettライブ

第一回ながくてピクニック in 西小校区共生ステーション

2014年6月1日13:00-17:00
西校区共生ステーション 長久手市五合池2209 番地

企画・主催:トランジション長久手・愛知県立芸術大学石井研究室、長久手市たつせがある課・産業緑地課

「ながくてピクニック」は、長久手の豊かな自然の恵みと音楽やアートを満喫するためにみんなでつくる、参加型のイベントだ。この音楽イベントは音楽を鑑賞するだけではなく、参加者自身が地元で採れた野菜や穀物を用いて調理をして食事をしたり舞台装飾をしたりする、参加型のイベントにした。ご家族連れや子供からお年寄り、学生など多様な地域の皆さんの来場があった。また愛知県立芸術大学の学生がチラシのデザインやweb サイト、看板などのデザインや広報活動をおこなった。
続きを読む

ながくてアートフェスティバルのNAFファームの草刈りをした。自然農方式で、周りの草を刈ってウネにのせる。

高千穂峡

高千穂峡、天岩戸神社、天安河原宮、宮崎神宮

年末は九州に行ってきました。前から行きたかった高千穂峡、天岩戸神社、天安河原宮、宮崎神宮、、「天孫降臨の地」だけ あって、神社やパワースポットが満載でした。九州に来てみると九州、そして日本は大陸や半島、南方の文化が入り交じった、とてもコスモポリタンな場所なん だと改めて感じました。

続きを読む

パイロット版をもとに再度リサーチ

岐阜県恵那市岩村町観光情報マップ いわむら観光マップ

岐阜県恵那市岩村町の観光マップの制作をおこなった。
2013年度愛知県立芸術大学産学連携調査研究費研究助成

デザイン監修:石井晴雄
デザイン:石丸みどり(2013年度博士前期課程2年)
デザインチェック:宮川友子、田中厚美(2013年度博士前期課程1年)

続きを読む

P1130155

自然農とは?

自然農とは、福岡正信氏や川口由一氏が提唱し実践した、雑草も取らず土も耕さず、無肥料、無農薬でおこなう 農法のことだ。近代的な農業では不可能と思われてきたそれらのことを、自然の力のみで行う農法だ。しかしその方法は決して新しいものではなく、日本古来よ りおこなわれていた伝統的な農法がベースになっており、近年、耕作機械や化学肥料、農薬の普及によって、その知恵は急激に失われてしまった。自然農とは機 械化、近代化によって失われてしまった耕作の知恵の復活であるとも言えるだろう。

続きを読む

kimura-1

大学院2年木村達人:SOU

木村達人(2013年度博士前期課程2年)
地域の河川流域の石を削ってアニメーション作品を制作した。

International Film Festival Rotterdam 2013 Light over Darkness 出品
http://www.filmfestivalrotterdam.com/professionals/films/sou/出品
International Edinburgh Film Festival 2013 Black Box 3: Matter and Metamorphosis 出品
http://www.edfilmfest.org.uk/films/2013/black-box-3-matter-and-metamorphosis出品

続きを読む

阿蘇山、別府海地獄

阿蘇山、別府海地獄

焼き芋

焼き芋はまさに大地の料理。おいしくできるコツがあるんです。それは企業秘密です(笑)。

愛知・岐阜 木曽川流域観光圏 歴史と自然 山歩きマップ、サイン

愛知・岐阜木曽川流域観光圏山歩きルートのマップとサイン看板を制作しました。

ディレクション  :石井晴雄
デザイン     :小山奈緒子
イラストレーション:伊藤美穂

ペレットストーブ

大学の使われなくなった、倉庫がわりの官舎にペレットストーブを置いてみる。
電気もガスも水道も止められたのをよいことに、
エネルギーとエコの実験をすることにした。

雨水タンク

官舎の水道が止められたので
雨水を溜める雨水タンクをつけてみる。
トイレの水などには十分だ。

わん丸君自販機設置

デザイン:小山奈緒子

トウモロコシ

p1060924

今年栽培、収穫したトウモロコシは
アメリカのネイティブの人たちが栽培していた種類のもの。
種から芽がでないF1種ではなく、
実がなっているところからまた芽が出ているものをあるくらい
生命力が旺盛だ。
来年種を蒔くのが今からとても楽しみ。

わん丸君法被デザイン


ディレクション:石井晴雄
デザイン:堀場裕樹

熱田神宮正式参拝

知床(北海道)

p1050216

とうもろこし

アメリカのネイティブの人たちがつくっていたような色とりどりのとうもろこしを育ててみた。私のような素人農民にとっては穀物の脱穀などはなかなか大変。 その点とうもろこしは脱穀をしなくてもよいからとても楽。F1種ではないから来年この実を蒔けばまた収穫できる。実は粉に挽いて小麦、そば粉と混ぜてク レープにして食べている。

続きを読む